親切な優しい歯科治療

当院では、親切な優しい歯科治療を実践しております。

歯を削る機器の滅菌

当院では、歯削る機器を一人一人患者さまごとに替えて滅菌しています。清潔な医療器具で安心・安全な治療環境を提供しております。

親切な優しい歯科治療への取り組み

笑気ガス 笑気吸入鎮静法といって、最初に、恐怖心の和らぐ空気を吸いながら治療することも可能です。
ですので、極度に歯科治療が怖い方でも、安心して治療が受けられます。
簡単に装着できる鼻マスクで笑気ガスを吸入するだけで、1〜2分で怖さがやわらぎ、穏やかで心地よい気分になります。麻酔はもちろん、削ったり抜いたりも怖くなります。笑気ガスとは無味、無臭の亜酸化窒素ガスです。 治療後窒素が体内から出るまで数分間、酸素吸入することで意識は元に戻ります。その後は体の機能はふだんと変わらず、仕事や車の運転もできます。笑気吸入鎮静法は、お子様や体の弱い方、吐き気の強い方にも有効です。
健康保険の適用があります。


静脈内鎮静法 親知らずの抜歯やインプラント治療の際に静脈内鎮静法を希望する方が増えております。
静脈内鎮静法は、笑気吸入鎮静法に比べて安定した鎮静状態が得られます。 鎮静薬を腕に注射しますので、眠ったまま歯科治療を終えることができるのでまったく恐怖心を感じません。
とはいえ、全身麻酔とは異なりますので、その日のうちに帰宅できます。ただし、車の運転はできません。
健康保険の適用があります。

表面麻酔 博愛歯科医院は、「麻酔」に関してこだわりをもっております。
麻酔の3分間ほど前にシール状の表面麻酔薬を貼っておきますと、チクッとする痛みも和らげることが出来ます。

日本一細い注射針 チクッとする痛みを和らげるために、日本一細い注射針を使用しています。

普通の虫歯治療

小さな虫歯はそこだけ削ってプラスチック素材の白い材料でします。
そのとき、博愛歯科医院では、サンドブラストを接着の前にかけます、そのため非常に丈夫に仕上がりかけないより、長持ちします。
プラモデルや、塗装と同じ原理なので、するしないで非常に差がでます。
なおかつ、一回で終わります。

ぎりぎり神経が見えるようであれば、洗浄して神経を鎮めるようにしていきます。
だめなら、神経を取らなくてはいけません。

神経を取る処置をすると、だいたい5回かかります。

  1. 神経を取り、綺麗にします。
  2. 細菌を殺すお薬をいれます。
  3. 永久的なお薬を入れて、土台の型を採ります。
  4. 土台を入れて、型を採ります。
  5. 冠を入れる。
という、流れです。
もちろん例外もありますが、ほとんどがこのような流れで終わっていきます。
当然、土台や冠の接着時もサンドブラストをかけて接着します。