小児歯科

お子様の歯を虫歯から守りましょう。当院では、お子様の歯を、一生を通じて予防の管理と指導を総合的に行い、健康づくりに貢献したいと考えております。
むし歯になりにくい強い歯にするには、バランスのとれた食生活と、定期的なチェックアップと予防がとても大切です。 また、治療が必要な場合は、お子様の適応力を見ながら進めるようにしております。 お子様の歯でお悩みの方は一度ご相談ください。


歯みがき指導に力を入れています。

正しい歯磨きは大人も子供も基本は同じです。

  1. ご家族に磨いてもらい、綺麗な状態(歯がつるつるになる)を感じていただきます。
  2. 磨き方のこつを知ること。
  3. 子供は6歳と12歳のときに、仕上げ磨きをまたしてあげることです。
    とくに萌えたての歯は、歯肉に痛みを感じる子が多く、6歳臼歯や12歳臼歯はさらに磨きにくい奥に生えてきます。そのときに、染め出し液を使って、少し痛くてもここまで磨かなくてはいけないことを体験させてあげてください。

強い歯を作るために、歯をお城だと考えてください。
フッ素はお城の壁の材料で、壁を修復し、強くします。
ばい菌は歯のなかに入るために、砂糖を食べて、酸を出してお城の壁を溶かそうとします。
しかし、キシリトールを毎日食べると、ばい菌は強い酸がだせなくなるので、大砲を持っていた兵隊さんが、拳銃しか持てないようになります。
そして、毎日の歯磨きは、兵隊さんの数を減らします。食事のたびに兵隊さんは鼠算で増えていきます。歯磨きで、3億の兵隊が歯磨きで3000ぐらいに減らせればかなりお城は守りやすくなります。
歯磨き指導はコツの知識と、経験を体感することが重要です。来て見てください。


虫歯からお子様をお守りします!

お子様の初めての定期検診は、乳歯が生え揃う2.5歳〜3歳頃にすることをお勧めしています。虫歯になり、歯を削るとなると、お子様は歯医者がとても嫌いになります。少なくとも半年に一回の定期検診を受けて、お子様を虫歯から守りましょう!

フッ素塗布を定期的に行うことによって歯の表面の構造の強化を図ることができ、虫歯予防に大きな効果を期待できます。年に3〜4回行うのが、最も効果的と思われます。健康保険適用。

シーラントとは、奥歯の溝を、虫歯になる前にフッ素を放出するお薬で埋めてしまう簡単な方法です。特に溝が深くて複雑な6歳臼歯に効果的です。永久的なお薬ではありませんので、口腔状態により、定期的にやり直す必要があります。健康保険適用。

痛くない麻酔
痛くない麻酔博愛歯科医院は、「痛くない麻酔」に関してこだわりをもっております。麻酔の3分間ほど前にシール状の表面麻酔薬を貼っておきますと、チクッとする痛みも和らげることが出来ます。
また、チクッとする痛みを和らげるために、日本一細い注射針を使用しています。
ですので、お子様も治療をがんばれます。
もちろん、無理やり治療を進めることはなく、お子様の適応力を見ながら進めるようにしておりますので一度ご相談にいらしてください。
きっと無事治療を終えることができますので親子で自身が付きますよ!


小児歯科・治療症例

術前後写真、削除のお知らせ
改正医療法のため、術前後写真を削除いたしました。
ご覧になりたい方は無料メール相談受付の相談内容に「術前後写真が見たい」とご記入の上送信してください。返信メールに術前後写真を添付いたします。