院内感染とは?

院内感染とは、歯科医院に治療に来た患者様がかかっている感染性の病気が、院内で他の患者様に移ってしまうことです。この中には、エイズ(後天性免疫不全症候群)やB型肝炎、C型肝炎などの危険な病気も含まれています。
歯科医院で、病気の人の歯の切削片、血液、唾液が大小さまざまな機械器具を介して感染症を引き起こす可能性があることは、以前から心配されていますが、 国の保険でそのコストを考えてはくれない為、 歯を削る機械(タービン)を滅菌している歯科医院は全国で約20パーセントしか行なわれていないのが現状です。
しかし、当医院ではやればやる程コストのかさむ感染予防に万全を期す様に努力しています。

当院の滅菌・院内感染対策

タービン 当院では、患者様ごとに『NSK Care 3Plus』で外側も内側もオイル殺菌し、さらに滅菌器(オートクレーブ) にかけます。

タービン洗浄&オイル注入『NSK Care 3Plus』 タービン(歯を削るドリル)などを洗浄し、注入したオイルで徹底的に洗浄する機器です。 強力なハリケンパワーで細かいところまで完璧に洗浄されるので感染などの心配はいりません。

滅菌器 (オートクレーブ) 130度の高温高圧によりすべての細菌・ウィルスを完全に死滅させます。 ですので患者様にはいつでも清潔な器具を治療時に使用しています。

紫外線保管庫 オートクレーブで減菌した器材をそのままの状態で保管できるよう常に紫外線減菌できる保管庫にて、保管しておきます。

衛生水&洗浄水生成器 人体には影響がなく、ウイルスや細菌には効果を発揮する強アルカリ水(洗浄水)と 強酸性水(衛生水)を作る装置です。
当院では少量の食塩と水道水を電気分解してつくる話題の洗浄水を器具の滅菌前洗浄に使用しています。洗浄に使用する水にも ただ水道水を使うのではなく、より効果の高い洗浄水を使用しています。
滅菌前に衛生水・洗浄水を使用する事により、より確実な安全性を可能にします。