睡眠時無呼吸症候群

こんな症状はありませんか?

  • 夜なかなか寝付けない(眠れない、不眠)、眠った(ねむった)感じがしない、いくら眠っても眠い、眠たい
  • 一緒に寝ている家族に、「イビキ(いびき)がうるさい」と言われる、呼吸停止している(息が止まっている)と指摘される
  • 朝、起きた時(起床時)、頭が痛い(頭痛)、ボーッとする、目眩(めまい)がする
  • 一日中、疲れ(疲労感)やだるさ(倦怠感)がある、感じる
  • 足や下半身のむくみ(があると)を感じる
  • 精神的な疲れ(ストレス)
  • 日中の酷い(ひどい)眠気
  • 作業能率の低下、全身的な体調不良
  • 思考力、集中力の低下
  • 頭脳労働上のミステイク、居眠りによる交通事故を起こした、イライラしやすい
  • 寝相が悪い

こんな症状が当てはまる方は、睡眠時無呼吸症候群かも知れません。睡眠時無呼吸症候群は、場合によっては生命(いのち)に関わる恐ろしい病気です。そんな時、博愛歯科医院がお役に立てるかも知れません。
当院では、睡眠時無呼吸症候群の治療の一環として、マウスピース(スリープスプリント)の作成を行っております。是非御来院いただき(※)、お気軽にご相談下さると幸いです。

※睡眠時無呼吸症候群の治療用マウスピース(スリープスプリント)の作成には、内科等での診断書が必要です。まずはかかりつけの先生にご相談ください。